業の規則とは何か?

業の規則

業の規則という法則があります。因果法則とか、原因と結果の法則とも言われています。誰もが知っている法則ですが、業の規則をよく理解して生きることの恩恵は計り知れないものがあります。
 

業の規則とは因果法則のこと

業の規則とは簡単に言えば、因果法則のことです。原因と結果の法則と言えば、もっとわかりやすいかもしれません。過去に作った何らかの原因のために、未来の結果は決まるという法則性です。

みなさんも自分の人生を振り返ってみるとあの時にあの様な行動をしたから今の会社に就職したとか、あの時にあの場所に行ったことで今の奥さんと知り合えたとか、あの時に助けた人のおかげで、今はその人に助けられているというようなことが思い当たるかもしれません。

この業の規則は自然の法則と言ってもいいです。全く自然なことであり、現実はそのように動いています。今は未来の原因であり、過去の結果です。今あなたが何をするかで未来は少しずつ変化していきます。過去を変えることはできませんが未来を変えることができるのはそのためです。

なぜ業の規則と道徳は一緒に考える必要があるのか?

こんなこと今更言われなくても当たり前だと思われる方がほとんどだと思います。しかし、業の規則に注意して生きている人はそんなに多くありません。

この業の規則はある意味においてはとても恐ろしいことかもしれません。自分がやったことがその通りの結果として現れるということは、今現在作り続けている原因に注意を払わないと、その結果はとんでもないことになる可能性があるということです。

ですからこの業の規則と道徳は一緒に考える必要があります。善い行いをすれば良い結果がありますし、悪い行いをすれば悪い結果になります。なぜ悪い行いをしてはいけないいけないかと言うと、悪い行いをしたことによる結果が業の規則によって自分にいずれ降りかかってくるからです。

そう考えると悪いことをすることが恐ろしくてできなくなります。逆に善い行いはもっと積極的にやろうという気持ちになります。実際に私がこのことを意識的に生き始めてから、悪い行いからはどんどん離れて行き、善い行いを積極的にするようになりました。またその結果が善い結果なので、ますます善い行いをするようになりました。

そうやって善を積んでいくと人生はどんどん好転していきます。良縁も強くなり周りに善い人が集まってきますし、善いことが行いやすい環境も整ってくるのです。

当然、逆のこともあります。悪い行いをすると悪い結果になり、悪い行いが深くなっていくと、悪縁も強くなりますから、悪い人たちや悪事を行いやすい環境になってしまうのです。

そこからまた悪い行いが行いやすくなり、そうやって悪い環境や状況が強化されていくと、なかなか善い環境や状況に変えていくのが難しくなってしまうのです。

憎まれっ子世にはばかる!?

この業の規則が信じられないという人もいるかもしれません。「憎まれっ子世にはばかる」ということわざもあるくらいです。確かに悪いことをしてお金を儲けて贅沢三昧をしているような人もいるかもしれませんね。しかしそのような人の心がいつも平安であるかはわかりません。

しかもその罪は今世だけに止まりません。来世以降にもその返済が終わるまでずっとついてまわります。業の規則の前では生き物は全く平等です。等しく裁かれ次へと向かいます。そもそも私たちが生まれた環境や状況も、それ以前の業の規則の結果です。また今世の原因が来世の結果になるのです。

光と闇のどちらに生きるか?

ブッダはこのことを光と闇という言葉を使って次の4通りの人があると言いました。
闇から闇へと生きる人。
光から闇へと生きる人。
闇から光へと生きる人。
光から光へと生きる人。

過去の状況は変えられませんし、生まれ持った特質や環境を変えることはできません。今いるその場所が闇であっても、光であっても光へと進む人生を歩みたいですね。

業の規則と子どもへの道徳教育

それから、子どもにどうして悪いことをしてはいけないのかを教えるときにこの業の規則は役に立ちます。悪いことをすれば自分に悪い結果が起こり、善いことをすれば自分に良い結果が起こると教えます。そこから善悪を教えていくと子どもを善い人生へと導いていくことができます。業の規則を教えることはお金や裕福な暮らしよりもずっとその子の人生に恩恵を与えてくれるでしょう。

業の規則を終わらせるには?

余談になりますがこの業の規則にも終わりがあります。現在に原因を作らなければもうその結果はありません。つまり全ての前世も含めて過去に作った原因が全て結果になればそれでもう終わりです。そして全ての清算が終わり、純粋な意識になれば、もう輪廻に戻ることはありません。それが涅槃です。だから出家者は俗世から離れていきます。余計な原因を作らないためです。

このことは文章で読んでもあまりよくわからないかもしれませんが、ヴィパッサナーを続けていくとこの意味もよく体験によって理解できるようになります。




※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して当法人は一切の責任を負いません。




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です